東京、夜の蝶の記憶

東京の元ホステスの思い出話。ロッカールームや送りの車事情なども。

夜の仕事経験の善し悪し

こんばんは(´ω` )

眠れないので短めに記事を更新します…

 

夜の仕事をしていていくつか得をしたなぁ、と思ったことがあります。

 

この仕事、会社では教えてくれないのに、知らなければ「なんで知らないの?」となる、理不尽な常識と呼ばれる社会人として必要なスキルが最短で身に付くんです!

 


f:id:Ilovedrinking:20170612013308j:image

 

例えば

 

  1.  ビールを注ぐ時はラベルを上にする

  2. 飲み物の残りに気を使うようになる
  3. どんなつまらない話でも拾うようになる
  4. ちょっとやそっとの下ネタに動じなくなる

 

など、思いつくだけでこのように飲み会がスムーズに進む技術の羅列。

 

飲み会の幹事や飲み会での巧みな立ち回りという小さい仕事でも積み重ねればこいつはできる、と謎認定されます!

 

日本はまだまだ遅れていて、女性は気が利いて然るべき!みたいな迷惑な風潮ありますからね…

 

この経歴で申し上げるのもなんですが、私はここで功績を上げるのは男女問わず得意な人がやればいいと思っています。

その方が効率的でしょ?

 

と、話がそれてしまいましたが、あまりに気が利きすぎると玄人判定されるので、

 

  1. 店員を「お願いします」と呼ぶ
  2. おしぼりを折りたたむ
  3. 灰皿を交換する
  4. 煙草に火をつける

 

とまあ、懸命な皆様はお分かりかと思いますが、この辺は隠すようにしていたほうがよろしいでしょう(; ・`д・´)

 
f:id:Ilovedrinking:20170612013355j:image

 

なお、最近昔の癖が出て困ったことと言えば、合コンの際に先方の1番ポジションが上の方の隣をキープし、もてなしてしまったがために勘違いをさせてしまったことです……

 

プライベートでの過剰接待は本気で狙いを定めた殿方にだけにしましょうね。

 

 

ビギナーさんにもおすすめのドレスと靴を紹介していきますね。

私の頃はなかった・・・羨ましいです。